TOP / コラム / マーケティング / 企業内におけるYouTube企画書の作り方・押さえておくポイントは?
2021.10.14 マーケティング

企業内におけるYouTube企画書の作り方・押さえておくポイントは?

企業内におけるYouTube企画書の作り方・押さえておくポイントは?

現在、昨今でYouTubeを活用したマーケティングに成功して、売上を大幅に伸ばす企業が続出しています。動画、特にTikTokのような短尺動画とは違い、長めの尺の動画を見る文化の強いプラットフォーム上では、企業や商品のファンを作る上で適していると言えます。しかしながらまだまだ新しいプラットフォームということもあり、社内にノウハウを持っていることのほうが珍しく、制作フローも、コストも、リスク検討もすることが難しいですよね。

結果、企画書を作って、社内に提案をしたくとも、何を書いたらいいのかわからないことのほうが多いのではないでしょうか。そこで今回はYouTubeでチャンネルを開設し、動画を制作することを社内で提案するために、企画書に落とし込む上で、何が重要かについて解説していきたいと思います。

YouTube企画書の必要な要素

ここからは、具体的な企画の方法やポイントについて解説していきます。今回は項目を大きく5つにまとめています。

  • 商品特性
  • 媒体特性
  • コンセプト目的
  • 対象 ターゲット
  • キャスティング
  • NG項目
  • 媒体

媒体特性

まずはYouTubeというプラットフォームの媒体としての特性を理解しておく必要があると言えるでしょう。動画広告と一言で言っても様々な種類があるので、YouTubeを選ぶからには、YouTubeである必要性があります。

例えば、動画広告と聞くとまずはじめに思いつくのは、テレビCMではないでしょうか。テレビCMの特徴も様々ですが、まずCM放送が始まれば、即座に多くの人にリーチできるところが最大の魅力です。ただしデメリットとしては、流せる時間が15秒~30秒と短く、基本的には認知をしてもらうことで精一杯で正しい商品特性への理解までは及びません。

商品理解がおよばないということは、つまり購入を検討できるほどの情報が揃わない。CM単体では購入に至らないことも多いのではないでしょうか。

また一部のコストを沢山かけて、作り込まれているCMを除けば、一つ一つのCMに連続性がないものが多いですよね。もちろんそれは時期ごとに、企業や商品の課題が違うからこそ、しょうがない部分もあるから仕方がない部分もあります。ただし事実として複数のCM群にはストーリー性がないことが多いです。結果、企業や商品のファンを生むことも同時に難しいのではないでしょうか。

だからこそテレビCMは、短期間で大量の認知をとることに特化した広告チャンネルだと言えるでしょう。

ではその点、YouTubeはどうでしょうか。YouTubeは、10分以上の動画も多く、視聴者の動画視聴時間も非常に長いです。結果として視聴者のエンゲージメントが高く、チャンネルと視聴者の関係性が強固なものになります。

チャンネルの設計次第では最初は商品や企業にに興味がなくとも、コンテンツが面白いからという理由でチャンネル登録に繋がます。そして日常的にチャンネルのコンテンツに触れていれば、その中に出てくる様々な商品やサービスへの愛着が湧くこともあるでしょう。あるいが出演者に対しての愛着が湧くことで、彼らが利用しているものへの強い興味を抱かせることも可能です。その結果、商品やサービスの良さが、視聴者に伝わっていき、購入につながっていきます。

なにより一度、チャンネルのファンのなってもらい、チャンネル登録してもらえれば、えある程度、継続的に動画を見続けてもらえる点も優れていると言えるでしょう。

なおYouTube単体だと、拡散性は高くないと言われています。ただテレビCMよりも気軽にURLなどをシェア可能なので、こちらも設計次第では他のSNSで大きく拡散されていくこともあります。あるいは口コミで広がっていくこともありますね。

またYouTubeでは、興味を持つ入り口がコンテンツの面白さからなので、顕在化していない潜在顧客層にもリーチできる点も、他の広告チャンネルよりも優れている点かもしれませんね。

コンセプト

さてこの媒体特性を理解した上で、次はYouTubeチャンネルのコンセプトや目的について検討、および企画書に明記する必要があります。

まずYouTubeを通じて、何を成し遂げるべきかを明確にする必要がありますね。

もちろん、コンセプトはチャンネルによって千差万別です。企業の知名度を上げることを目的としているチャンネルもあるのでしょう。あるいは特定のメッセージだけを伝えてブランディングをしたい場合もあるかもしれません。もしくはより直接的にその動画を通じて、商品のコンバージョンを狙うなどのパターンもあるでしょう。

例えば、目的が知名度向上の場合、YouTubeの中身は、話題性のある面白い企画でインプレッション数を上げる。一方で、目的が商品の売り上げの場合、商品紹介系のYouTubeとなり、メリットや特徴を細かく伝えるという方針になります。

それによって起用するキャストや演者も変わってくるので、第一段階の目的コンセプトは、非常に重要なのです。

対象・ターゲット

コンセプトが決まると次は、対象・ターゲット選定です。ここは、コンセプトがはっきりしていれば、ターゲット選定は比較的容易になります。どのような人に見てもらいたいのか、どのような層を集めたいのか、より細かく、具体的に定めましょう。

例えば、年齢、性別、職業などの基本的な部分から、商材や企画内容によっては、趣味や年収などを項目に入れても良いかもしれません。この対象・ターゲットも、より細かく設定すると、企画の戦略が立てやすくなるので、重要な項目ですね。

キャスティング

さてYouTubeの動画において非常に重要な要素、それがキャスティングです。

キャスティングを考えるためには以下の3つのステップが必要です。

①コンセプトに寄り添えるパーソナリティか

動画の面白さは演者に依存する部分はありますし、何本もの動画を公開し続けなければならないことを考えると、非常に長い付き合いになります。あるいはその演者が今後長くその企業、商品の顔になることも考えると、演者は企業の印象そのものになります。しかも外見であったり、世間の印象だけ、商品とマッチすればいいわけではありません。CMなど短い動画であれば、それだけで十分なのかもしれません。ただYouTubeの場合は、チャンネルによりますが、多い場合だと毎日10分以上もの時間、企業の顔として出演して、何かしらのテーマで話し続ける可能性があります。これほど露出の多いメディアだからこそ、演者の性格や話すことが可能な得意ジャンルに至るまで、認識して、マッチするかを検討する必要があります。

②商材にフィットするか

その上でより具体的な話になりますが、視聴者にとって重要なのは憧れや共感です。演者が商品をオススメすることもあるかもしれませんが、そういう言葉を抜きに、出演者が使っている商品を視聴者が自然と欲しくなるようになれば理想です。

例えば、演者のAとさんが非常に可愛らしく、そんなAさんみたいな素敵な女性になりたいから、Aさんさんの使っているものなら自分に合うだろうから、同じ化粧品を購入してみよう。動画を通じてこのような心理に視聴者をさせれば理想ですよね。

ですので当たり前ですが、20代の女性向けの化粧品を販売しているなら、同じ属性の20代女性のモデルを起用する必要があります。あるいは30代男性向けのシャンプーを販売した場合、たしかに20代の女性モデルをタレントとして起用すれば、30代の男性がチャンネルのファンにはなるかもしれませんが、30代向けのシャンプーが売れるかというと別の話です。

③クリーンさの判別

3つ目に、クリーンさです。YouTubeチャンネルであり、商品であり、企業の顔として、表舞台に出るため、何かしら問題を抱えている人は起用したくないですよね。過去のツイートに問題はないかどうかまで調べるなどのリスクヘッジは必要でしょう。

予算

当たり前ですが、動画の制作には多額な予算がかかります。それは毎日1本なのか、毎週1本なのかによって変わります。現実問題として、きちんとファンを獲得するレベルの動画やチャンネルを作る場合は、制作会社に委託する必要があり、その場合月間で数百万から数千万円ほどのコストがかかることになるかもしれません。

これは完全にケースバイケースです。あるいは手持ちの予算ベースで何をどこまでできるかを相談してみてもいいかもしれませんね。

KPIと目標

KPI(重要業績評価指標)の設定は必須でしょう。企業としては最初から売上の伸びをKPIに設定したいところでしょうが、YouTubeはチャンネル登録数および視聴数が伸びるまで時間がかかり、それが売上に反映されるまでにはさらなる時間がかかります。そのため原則的には初期はチャンネル登録者数、総再生回数の、などをKPIとして設定するべきです。

その上で、3ヶ月後、半年後、1年後と、それぞれの期間ごとに、具体的な目標値を定める必要があります。

場合によっては、最低の投稿本数も約束する必要はあるかもしれません。

加えてこれらの目標値を、社内で確保可能な予算額に応じて松竹梅でプランを作れると理想かもしれませんね。

リスクヘッジ

さて一方でYouTubeに限ったことではありませんが、近年はどんなコンテンツでも炎上リスクというものがセットで存在しています。せっかく面白い企画を考えても、炎上して企業た商品にマイナスイメージがついてしまうと、もったいないですよね。

炎上の種類は様々です。単純に批判されるような言葉を使ってしまう、社会的に受け入れられないような主張が動画に含まれる場合もあるでしょう。

これらは確実に防ぐ方法はないのが実態ですが、入念な確認作業で、その確率を下げることは可能です。ですので、企画の段階、動画が出来上がった段階、最終チェックの、合計3回確認作業を行うなど、製作工程の中で、確認回数をできるだけ増やしたいところですね。

あるいは、演者自身がSNSで炎上するリスクもあります。既に芸能事務所と契約を結んでいるようなタレントなら必要ないかもしれませんが、個人で活動しているYouTuberやインスタグラマーを起用する場合は、出演中に問題を起こさないようにコントロールするためにもマネジメント契約をする必要があるかもしれません。その契約の中では、炎上が起こってしまった後の対応についても明記することで、企業としての損害をできるだけ減らすようにする必要もあります。

NG項目

運営する企業のイメージに合うかどうか、あまりにもかけ離れすぎた企画をYouTubeでやってしまうと、逆に企業のイメージダウンに繋がりかねません。そこで、ある程度のNG項目、線引きをしておく必要があります。

例えば、真面目な社風にあわない動画を避けたい場合は、エンタメに寄りすぎた、ドッキリや下世話なネタの動画はつくらないようにするべきです。

NG項目をきちんと決めておかないと、目先の視聴数や登録数に追われて、本質的に訴求したい内容と離れてしまうようなリスクもあります。あるいは内容がぶれて視聴者が離れることもあるでしょう。

いずれにしても、チャンネルとして何を許容して、何を許容しないかは決めておく必要があります。

まとめ

以上が、YouTube企画書を作成いした。検討するべきポイントは多い上に、実際問題として、ノウハウがない中で質の高い企画書を作ることは難しいかもしれません。もし手詰まりだと考えている場合は、動画のYouTubeチャンネルの戦略立案から、動画の制作まで請け負っている弊社にお気軽にご相談してみてくださいね。

luaaz_pr
LuaaZ広報部

LuaaZ広報部です。LuaaZに関する様々な情報や、YouTubeチャンネル成長に役立つ情報などをお届けいたします。

SHARE
  • X(旧Twitter)
  • Facebook
Pick up column
2021/10/14企画ノウハウ

YouTubeの企画一覧・YouTube作家が実際に考えた全200事例を一挙紹介

2022/07/11YouTube戦略

YouTubeのチャンネル登録者が増えないが原因・ネットで言われてる対策の大きな間違いとは

New column
2022/09/02マーケティング

BtoB企業でYouTubeを活用すべき理由・活用方法や事例について

2022/09/02マーケティング

【YouTube】企業アカウント運営に必要な予算は?制作会社の料金など

Contact/お問い合わせ

所属クリエイターへお仕事のご依頼や、ご質問など、お気軽にお問い合わせください。
採用に関するご質問もメールフォームよりお問い合わせください。