TOP / コラム / YouTube戦略 / YouTubeの高評価の意味、その他エンゲージメントを高める方法
2021.10.13 YouTube戦略

YouTubeの高評価の意味、その他エンゲージメントを高める方法

YouTubeの高評価の意味、その他エンゲージメントを高める方法

YouTube上では「高評価よろしくお願いします」とYouTuberがお願いすることは多くありますよね。これだけ多くのYouTuberが動画上でお願いしているということは、視聴者が高評価ボタンを押すことには何かしらの意味があるのでしょう。そこで今回はYouTubeにおける高評価ボタンの意味についてYouTubeの分析や企画のコンサルを行っている株式会社Luaazの見解を用いて解説させていただきます。

YouTuber上でレコメンドされることの重要性

まずYouTuberの皆さんは、YouTube上で表示される広告収入を得ることで生活しています。そのため多くの視聴者に動画を見てもらう必要があります。動画の視聴数を伸ばす方法は様々あるのですが、最も影響が大きいのは、YouTube上でオススメしてもらうことです。皆さんもYouTubeのトップに動画が表示されていると、つい見る予定のなかった動画を見てしまうことがありませんか?

他にも動画を見終わった後に、関連動画として見たことのないチャンネルの動画が表示されて、思わずクリックする…なんてことも。このように動画の視聴数を増やすには、YouTube上の様々なページで表示してもらうことが効果的なのです。

YouTubeチャンネルのエンゲージメントとは

YouTube上で動画を沢山レコメンドしてもらうには様々な方法があるのですが、その中の一つに、ユーザーのエンゲージメントを高めるという方法があります。エンゲージメントとは「愛着心」や「思い入れ」などを意味します。今回の場合でいうと、その動画に対して「どれだけ感情を動かされ、ユーザーがアクションを起こしたか」がエンゲージメントを意味します。そしてそのエンゲージメントを高ければ、YouTubeの脳みそとも言える「アルゴリズム」がその動画を良い動画と認識するような仕組みになっています。結果、エンゲージメントの高い動画は様々なページで紹介されるようになり、視聴数が伸びていくという仕組みです。

動画のエンゲージメントを高める方法

YouTubeのアルゴリズムはチャンネルのエンゲージメントを測定する上で、高評価の数をチェックしています。つまり高評価の数が多ければ多いほど、その動画やチャンネルのエンゲージメントが高いとアルゴリズム側が認識するようにできています。

だからこそ多くのYouTuberは「高評価よろしくお願いします」と視聴者にお願いして、高評価の数を増やすことで、動画のエンゲージメントが高いことをYouTubeのアルゴリズムにアピールしているのです。

低評価はエンゲージメントにマイナス?

ただし実は、エンゲージメントを高める方法は、高評価の数を増やす以外にもあります。さきほども説明しましたが、エンゲージメントとは「どれだけ感情を動かされ、ユーザーがアクションを起こしたか」という意味です。

つまり感情を動かしさえすれば、高評価に直結する喜びや感動などのポジティブ心の動きだけでなく、怒りや悲しみなどのネガティブな反応を生んでも、一つのエンゲージメントとアルゴリズムは評価するようにできています。つまり高評価だけでなく、低評価も、YouTubeのアルゴリズムは一つのエンゲージメントとカウントしています。

実際、炎上したYouTuberの動画や、その後の謝罪動画は、多くの低評価が動画につきます。しかしそれらの類の動画がYouTube上でレコメンドされることは多々ありますよね?これはYouTubeのアルゴリズムが、低評価の数が多い動画も良い動画として評価していることを意味しています。

逆にいうと、一部のYouTuber側もそれをわかっているからこそ、いわゆる「炎上商法」を好むという側面があるのかもしれません。なぜなら炎上すれば、そのYouTuber自身の評判は悪くなるかもしれませんが、低評価がつけばつくほど動画のエンゲージメントが高いとアルゴリズムに認識されます。結果、YouTubeのアルゴリズム上ではどんどん動画やチャンネルの評価が上がり、視聴数が伸び、収益がアップしていきますからね。長期的に良いものかはわかりませんが、短期的に効果があるとも言えるかもしれません。

その他、エンゲージメントを高める方法

エンゲージメントを高める方法は、他にもチャンネル登録ボタンを押す、コメントをする、共有ボタンを押してリンクをコピーする、その共有リンクをクリックする、などのアクションもエンゲージメントにカウントされます。これらは、高評価を押す、低評価を押すなど含めて、それぞれ1エンゲージメントとカウントされ、エンゲージメント数が増えれば増えるほど、動画の評価がアルゴリズム上では上がっていきます。

なおYouTuber目線でいうと、この中で最も効率的にエンゲージメントを高める方法は、実は高評価ボタンのクリックではなく、共有ボタンを押してリンクをコピーしてもらい、そのリンクをSNSなどで拡散してもらうことです。なぜなら、基本的に高評価ボタンなどは動画に遷移した上で、動画を視聴し、良い印象を抱いた上で初めて発生するアクションなのです。ハードルが高いエンゲージメントと言えるでしょう。しかし共有リンクをクリックするだけなら、その後動画を見る必要もなく、アクションとしてのハードルが低いものと言えるでしょう。結果、共有リンクをクリックしてもらったほうが、簡単にエンゲージメントを稼ぐことが可能です。

エンゲージメント観点でNGな行為

このようにエンゲージメントに関するYouTubeの仕組みを考慮すると、やってはいけないNG行為があります。それは、YouTube内の広告で、自身の動画を宣伝することです。

YouTube内の広告に自身の動画を掲載すると、沢山の視聴数を稼ぐことが可能です。ただ広告によって、自身の動画とは親和性の低いユーザーに動画を強く押し出したとしても、高評価ボタンやその他、何かしらのアクションを起こしてもらう可能性が低く、視聴数の割にエンゲージメント数が低くなってしまう事例が多くあります。

結果、短期的には視聴数は増えますが、長期的にはアルゴリズムに質の低いチャンネルと判断されてしまい、視聴数が低下してしまうリスクがあるのです。これはあまり知られていないことなので、覚えておくべきことでしょうね。

最後に

以上がYouTubeにおける高評価ボタンの意味でした。YouTubeチャンネルを運営する場合は、動画のエンゲージメントを増やすことで、YouTubeに良いチャンネルと認識してもらえるように工夫していきたいですね。もしこの記事を読んだ上でまだYouTubeの分析などについて悩んでいることなどあれば、弊社、株式会社Luaazにご相談くださいませ。

luaaz_pr
LuaaZ広報部

LuaaZ広報部です。LuaaZに関する様々な情報や、YouTubeチャンネル成長に役立つ情報などをお届けいたします。

SHARE
  • X(旧Twitter)
  • Facebook
Pick up column
2021/10/14企画ノウハウ

YouTubeの企画一覧・YouTube作家が実際に考えた全200事例を一挙紹介

2022/07/11YouTube戦略

YouTubeのチャンネル登録者が増えないが原因・ネットで言われてる対策の大きな間違いとは

New column
2022/09/02マーケティング

BtoB企業でYouTubeを活用すべき理由・活用方法や事例について

2022/09/02マーケティング

【YouTube】企業アカウント運営に必要な予算は?制作会社の料金など

Contact/お問い合わせ

所属クリエイターへお仕事のご依頼や、ご質問など、お気軽にお問い合わせください。
採用に関するご質問もメールフォームよりお問い合わせください。