TOP / コラム / YouTube戦略 / YouTubeのブラウジング機能とは?
2021.10.13 YouTube戦略

YouTubeのブラウジング機能とは?

YouTubeのブラウジング機能とは?

YouTubeの分析をする時に使う、アナリティクスの画面を見ると、ブラウジング機能という言葉がありますが、一見するとこの言葉は非常にわかりくくはありませんか?そこで今回はイマイチこの言葉の意味を理解できていないYouTube運営者の方に向けて、言葉の意味、重要性、およびブラウジング機能を攻略する方法などをYouTubeコンサルを行っている株式会社Luaazの見解を用いて解説させていただきます。

ブラウジング機能とは

YouTubeのアナリティクス配下の「リーチ」というページには、皆さんのチャンネルの動画にユーザーがたどり着くまでの様々なデータが表示されています。そして、その「リーチ」配下には、「トラフィックソースの種類」というデータが表示されているコーナーもあるのがわかるでしょうか。

トラフィックソースとは、皆さんの動画にたどり着いたユーザーはどこから来たかを指し示しています。トラフィックソースの種類は10種類以上もありますが、中でも「ブラウジング機能」に関してはYouTubeは以下のように定義しています。

ブラウジング機能:ホーム画面、登録チャンネル、後で見る、急上昇アイテム / 話題、その他のブラウジング機能からのトラフィックです。

https://support.google.com/youtube/answer/9314355

しかしこれだけでは意味がわかりにくいですよね。噛み砕いて説明をすると、このブラウジング機能とは、PCの場合でいうと、YouTubeトップページのサイドバーにある「ホーム(トップページと同じページ)」「探索」「履歴」「ライブラリ」「後で見る」「高く評価した動画」などのページを経由して、皆さんの動画にたどりついたユーザーをブラウジング機能からアクセスした視聴者とYouTubeは分類しています。

スマホアプリの場合は画面下部に、「ホーム」「探索」「登録」「ライブラリ」などのタブがありますが、これらのページから皆さんの動画に遷移した場合も同じく、ブラウジング機能からアクセスした視聴者とYouTubeはカウントしています。

ブラウジング機能の重要性

そして実はYouTubeで視聴数を増やす上で、この「ブラウジング機能」は非常に重要な位置づけとなっています。というのも、YouTubeで視聴数を増やすには、既にチャンネル登録をしてくれている既存ファンにリーチするだけでなく、これまで接点のなかった新規ファンにも自身の動画を認知してもらう必要があります。

認知してもらう方法は様々ありますが、最もインパクトが大きいのが、「ブラウジング機能」に表出してもらうことだと言われています。

ブラウジング機能には「ホーム」「探索」「履歴」「ライブラリ」「後で見る」「高く評価した動画」などのページがあると先述しましたが、この中でも最も影響力があるのは「ホーム」画面です。

「ホーム」画面は、ユーザーがPCやスマホでYouTubeにアクセスした際に、最も最初にアクセスするページのため、単純にユーザーとの接触回数が多いページであることは言うまでもありません。加えて「ホーム」画面に表示される動画は、ユーザーの過去の動画から親和性の高い動画をYouTubeの独自アルゴリズムが選択して表示しているので、ユーザーが未知のチャンネルと遭遇した場合でも、思わず動画に遷移したくなるような仕組みになっています。

ブラウジング機能の「ホーム」画面に沢山表示してもらう方法

ここまで解説したように、視聴数を増やすために「ホーム」画面にインプレッションしてもらう必要があります。ではこの重要なページで表示してもらうにはどうすればいいのか。

そもそも、YouTubeを運営するGoogleは、企業からお金を受け取り、その対価として企業の広告を多くのユーザーに表示しています。そんな企業だからこそ、GoogleおよびYouTubeには広告を見てもらうためにも、動画に多くアクセスしてもらい、長く動画を視聴してもらう必要があります。

だからこそYouTubeは、独自のアルゴリズムでそれぞれの動画やチャンネルの質を判定し、クオリティが高い動画を影響力の強い「ホーム」画面にたくさん表出するような仕組みを作っています。

逆に言えばチャンネルを運営する側は、YouTubeに質の高い動画やチャンネルであることをアピールする必要があります。

アルゴリズムに質の高いチャンネルであることを認識してもらう方法

ではYouTubeはどのような動画を、質の高い動画として、ブラウジング機能の「ホーム」画面に表示しているのでしょうか。沢山の要素が絡み合っていますが、評価ポイントは以下だと言われています。

①定期投稿していること

定期的に投稿することが、YouTube上での信頼に繋がります。頻度は関係ありません、毎日、毎週、毎月、同じタイミングで投稿し続けることが重要です。

②クリックされやすいサムネイル画像であること

せっかく「ホーム」画面に表示しても、クリックされなければ意味がありません。クリックされやすいサムネイル画像を設定し、多くのユーザーを流入させることでアルゴリズムからの信頼に繋がります。

③視聴時間の長いこと

視聴数が多くとも、視聴時間が短いと意味がありません。むしろ視聴数の割に視聴時間が短いと評価が落ちてしまうリスクすらあります。できるだけ最後まで見られるクオリティの動画を作る必要があります。また近年、長尺の動画が増えているのも、YouTubeが視聴時間を重視しているからです。

④エンゲージメント数が多いこと

高評価、低評価、コメント、共有どんなアクションでも問題ありません。とにかくユーザーからアクションをしてもらうことで、エンゲージメント数を増やす必要があります。なお視聴数比較でエンゲージメント数が少ないと、アルゴリズムから低評価を受けてしまうこともあります。そういう意味ではYouTube内広告で自身の動画を宣伝すると、視聴数は稼げるものの、その割にエンゲージメント数が少なくなってしまい、動画やチャンネルの評価が下がってしまうリスクがあります。

⑤外部メディアからの流入が多いこと

SNSをはじめ外部から流入が多いチャンネルは、YouTube以外ではインフルエンサーとしてポジションを確立しており、信頼性の高いチャンネルだと認識されます。結果、「ホーム」画面でのインプレッションも増えるでしょうもしフォロワー数の多いTwitterやInstagramアカウントなどがあれば、積極的に動画のURLをシェアしましょう。

⑥トレンドを取り入れていること

例えば爆買い動画が流行っていて、皆さんもそのトレンドに合わせて爆買い動画を公開すれば、「ホーム」画面にインプレッションされる回数が増えます。何故なら既に他のチャンネルの爆買動画を見た視聴者の「ホーム」画面に、親和性が高いとして、インプレッションされるからです。コンテンツを作る上で、流行りものは人気だから単純に取り入れるべきですが、YouTubeの場合はインプレッション数も増えるので、なおさら取り入れるべきでしょう。YouTube内で企画を真似する文化があるのはこの仕組みが大きく影響しています。

アルゴリズムに質の高いチャンネルと認識してもらうまでの時間

おおよそ3ヶ月から半年程度と一般的には言われています。

しかしSNSからの爆発的な流入が、チャンネル開設初期からある場合などは、影響力の高いユーザーのチャンネルとアルゴリズム側が認識して、ブラウジング機能の「ホーム画面」に表示されるまでの短くなることもあります。

ブラウジング機能以外の主なトラフィックソース

このようにトラフィックソースの中で最も重要なのはブラウジング機能ですが、もちろん他にも様々んな経路があります。

具体的なソース名と、その定義は以下になっています。

チャンネル ページ:自分の YouTube チャンネル、他の YouTube チャンネルからのトラフィックです。

キャンペーン カード:コンテンツ所有者のキャンペーン カードからのトラフィックです。

終了画面:クリエイターの終了画面からのトラフィックです。

YouTube ショート:YouTube ショートの縦長表示動画からのトラフィックです。

通知:チャンネル登録者が受信した通知やメールからのトラフィックです。

その他の YouTube 機能:他のどのカテゴリにも当てはまらない YouTube 内のトラフィックです。

再生リスト:自分の動画の 1 つが含まれる再生リストからのトラフィックです。自分の再生リストの場合もあれば、他のクリエイターの再生リストの場合もあります。ユーザーの「高く評価した動画」と「お気に入り」の再生リストからのトラフィックも含まれます。

[リーチ] タブの「トラフィック ソース: 再生リスト」カードに、動画へのトラフィックにつながった再生リストが表示されます。

関連動画:他の動画の横や他の動画が再生された後に表示される関連動画と、動画の説明内のリンクからのトラフィックです。[リーチ] タブの「トラフィック ソース: 関連動画」カードに、トラフィックにつながった特定の動画が表示されます。

動画カード:他の動画のカードからのトラフィックです。

YouTube 広告:動画が YouTube で広告として使用されている場合は、トラフィック ソースとして「YouTube 広告」が表示されます。

10 秒以上の長さのスキップ可能な広告が 30 秒以上または最後まで視聴された場合に、視聴としてカウントされます。スキップ不可の広告は、YouTube アナリティクスでは視聴としてカウントされません。

YouTube 検索:YouTube 検索結果からのトラフィックです。[リーチ] タブの「トラフィック ソース: YouTube 検索」カードに、特定の検索語句が表示されます。

YouTube サービスのページ:YouTube サービスのページからのトラフィックです。

https://support.google.com/youtube/answer/9314355

最後に

以上がYouTubeにおけるブラウジング機能に関する解説です。皆さんもYouTubeの仕組みを理解して、ブラウジング機能からの流入を増やし、視聴数を増やしていきたいですね。この記事を読んだ上でまだYouTubeの分析で不明点などあれば、弊社、株式会社Luaazにご相談くださいませ。

luaaz_pr
LuaaZ広報部

LuaaZ広報部です。LuaaZに関する様々な情報や、YouTubeチャンネル成長に役立つ情報などをお届けいたします。

SHARE
  • X(旧Twitter)
  • Facebook
Pick up column
2021/10/14企画ノウハウ

YouTubeの企画一覧・YouTube作家が実際に考えた全200事例を一挙紹介

2022/07/11YouTube戦略

YouTubeのチャンネル登録者が増えないが原因・ネットで言われてる対策の大きな間違いとは

New column
2022/09/02マーケティング

BtoB企業でYouTubeを活用すべき理由・活用方法や事例について

2022/09/02マーケティング

【YouTube】企業アカウント運営に必要な予算は?制作会社の料金など

Contact/お問い合わせ

所属クリエイターへお仕事のご依頼や、ご質問など、お気軽にお問い合わせください。
採用に関するご質問もメールフォームよりお問い合わせください。