TOP / コラム / YouTube戦略 / YouTubeのSEO対策・YouTube検索で上位を取るためには?
2021.10.13 YouTube戦略

YouTubeのSEO対策・YouTube検索で上位を取るためには?

YouTubeのSEO対策・YouTube検索で上位を取るためには?

これまでインターネット上で調べ物をする場合、いわゆる、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを用いるユーザーが多かったと言われています。ただ近年では大きく行動変容が起こっているとも言われており、TwitterやInstagramなどのSNS及び、YouTubeなどの動画プラットフォームでの検索行動も増加しているようです。だからこそ、YouYubeチャンネルを運用している企業の場合は、YouTube SEOを意識することもあるでしょう。ではこれはどのような仕組みになっているかを、弊社、YouTubeコンサルを行っている株式会社Luaazの見解を用いて解説させていただきます。

YouTubeSEOとは 

そもそもSEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略称です。

これは検索エンジンを用いたマーケティング戦略ですね。GoogleやYahoo!などの検索サービスを提供しているサイトの、検索結果ページ上に自社ウェブサイトを表示させることで、自社商品の認知を高めたり、購買などに繋げる活動のことを指します。

そしてSEOのの中間ゴールとしては、そんな検索エンジン内の検索結果ページ内で、丈夫に表示されることになります。普段私たちが、何かしらのキーワード検索をした場合、上から順番にクリックしていきますよね。だからこそ各サービスの担当者は、検索上位に表示されることを目指します。

これはYouTube上でも同じことです。YouTubeのサイトやアプリにアクセスして、検索窓で気になるワードを入れて検索した後、サムネイル画像次第ではありますが、基本的にYouTubeを見る場合、普通は1番上から見ていきますよね。そのため、下の画像のように広告を除いや中でも一番上を目指すことを総じてYouTube SEOのように呼ばれたりします。

YouTubeにおけるSEOとは、動画単体の評価だけで決まるわけではありません。動画単体の評価と、日々アップロードする動画全体の評価が積み重なったチャンネルの評価が複合されて、掲載される順位が決まっていきます。

YouTube内の検索で動画を上位表示させるためのSEO対策

はじめに、YouTube内の検索で上位に動画を表示させるための方法について、必要な2つのポイントを解説します。

①キーワード設定

数えきれない量が存在するYouTube動画の中、検索結果で上位表示させるには、ウェブサイトのSEOと同じく「キーワードの設定」が必要です。

大切な点は、動画の内容にあったキーワードに設定することです。まずはじめに、動画を見てもらいたいターゲットを絞り込み、キーワードをターゲットが検索すると予測したものに設定します。

たくさんのワードがある中で、SEO対策を考えたキーワードを設定するためには、動画を見てもらいたいターゲットを想定することが必要です。

②動画情報の設定

YouTubeの検索で上位に表示させるためには、動画情報の設定も必要になります。できるだけ、動画タイトルの前半部分にキーワードを設定するようにしましょう。

タイトルの前半部分にキーワードを持ってくる理由は、YouTubeのタイトルは32文字以上だと途中までしか表示されないからです。動画のタイトルや説明文ではキーワードを入れ込みながらも、タイトルの前半で何の動画か視聴者にわかってもらえるような努力をするべきです。

YouTube動画のSEO対策のポイント

動画SEOには大切な点が何個かあります。これらを考えずにSEO対策をしても、効果はそれほど期待できません。そこで、YouTube動画のSEO対策に必要な7つのポイントを紹介し、こちらの効果的な使い方について解説をしていきます。

①タイトル

 YouTubeの動画を見る上でとても重要なのが動画のタイトルです。動画のタイトルはその動画の内容を簡潔にわかりやすく紹介できているものが視聴者に好まれます。なので、YouTubeを見ようとして、動画の内容を確認するときにタイトルはとても重要な要素です。

タイトルを作成するうえで重要な点は、「動画の内容に関連しているものにする」という点です。動画の内容と関連性が薄い、インパクトのある動画タイトルをつけて目立とうとしたとしても、ユーザーが検索したワードとタイトルの動画の内容があっていなければ視聴しない、もしくは途中でのブラウザバックが増えてしまい、期待している効果は得ることができないでしょう。

動画マーケティングでは、ただ再生回数を増やすだけではなく、たくさんのユーザーに最後まで動画を視聴してもらうことも必要です。

②説明文

SEO対策で大切なポイントはタイトルだけではありません。YouTubeは動画の説明文からも内容を確認するので、説明文の内容が検索結果に影響を及ぼします。

説明文で気をつけるべき点は、動画の内容やタイトルと解離がないかを確認することです。前もって複数の入れたいワードを決めておき、その中からタイトルと説明文に振り分けると、YouTUbe動画のSEO対策としてはより効果的です。

文字数の関係で入れたかったけれど、タイトルに入れることができなかったワードを、説明文に書き加えることもできます。

③タグ

そこまでの影響力はありませんが、タグ入れることもYouTubeでの動画SEO対策の一つです。しかし、ただタグを使用するだけでは動画を検索結果の上位に表示させることはできません。

YouTubeにおけるタグとは、動画がどのカテゴリーに入るのかをYouTubeに伝えることができる機能です。なので、タグを使用することで、同カテゴリーの動画に関連動画として表示されやすくなります。

タグのポイントは、3〜5個くらいのワードを選ぶことです。もしタグを大量に選択してしまうと、「タグスパム」というスパム状態としてYouTube側に認識される恐れがあるので注意が必要です。

④総再生時間

一見、YouTubeでは再生回数を一番重要視しているように思いますが、実は、総再生時間で動画の評価をしています。なので、ブラウザの更新を何回もクリックして再生数を伸ばしてもYouTube上では高評価をもらえないのです。

再生回数と総再生時間の大きな違いは、総再生時間をたくさん手にするには動画を最後まで見なければならないという点です。総再生時間の多い動画がユーザーからの支持をより多く得ている動画だと判断されて、YouTubeでの高評価に繋がります。

⑤視聴者維持率

YouTubeから高い評価をもらうためには「視聴者維持率」も大切な点です。視聴者維持率とは動画がユーザーからの関心をどのぐらい維持していたのかを示すデータです。YouTubeは視聴者維持率のレポートをユーザー向けに公表しています。

レポートを見るとチャンネル内全動画の平均視聴時間、総再生時間が上位の動画、特定の動画における視聴者維持率のデータなどが確認できます。

このレポートを確認するためには、自身のYouTubeアカウントにログインしてから「クリエイターツール」をクリックした後に、 「アナリティクス」を選択します。特定の動画の視聴者維持率をチェックすることもできます。

視聴維持率を高くするには、視聴者にとって面白い動画を投稿しなければなりません。なので現在のYouTubeトレンドに合わせた面白い企画で、クオリティの高い編集をした動画をたくさん作っていく気持ちと技術が必要になります。

⑥サムネイル画像のクリック率

YouTube側の目線で考えると、動画をせっかく検索結果での上位に表示しても、選択されずユーザーに視聴されないことが続くと、その動画はYouTubeでは上位表示の価値がない動画という判定になり、上位表示をされなくなっていきます。

なので検索ワードにあった、インパクトのあるサムネイル画像を作り、動画のクリック率をあげることも大切です。目安としては、クリック率が10%を超えている場合は評価が上がり、上位表示される可能性が高まります。

⑦外部メディアからの流入

YouTubeだけでなく、WEBサイトにおけるSEOでも、ほかのメディアからの流入、つまり被リンク数が重要とされています。そして、YouTubeでもSNSやほかのメディアからの流入は重要だとされています。理由は、YouTube以外のプラットフォームから流入される動画やチャンネルは、YouTube以外のプラットフォーム上で既に信頼を得ているからです。なので、もしYouTubeではチャンネル登録数が少ないとしても、これから成長する可能性が高いチャンネルと判断できます。もし大きな影響力を持つSNSアカウントを所有している場合は積極的に利用していくべきです。

YouTube SEOで評価をあげる指標

ではどのような指標によって、それぞれの動画が順位付けされているのか。あるいは何をすれば、YouTube上の評価が上がり、検索上位に表示されるようにできているのでしょうか。

主に6つの指標が重要になります。

1、視聴者属性

まずは、ターゲットを明確にすることが何よりも大事になってきます。このチャンネルは、どのような人に向けた動画を投稿していくのか、そのスタンスの一貫性が非常に重要なのです。しかもそれはある程度、厳密性が求められます。

例えば、Jリーグと海外サッカーを視聴する層は、同じサッカーファンという意味では似ているようなきがしますよね。ただ実は、昼間見ることができて、スタジアムにいって大人数で見るJリーグと、時差の関係で深夜帯で家で一人で見ることの多い海外サッカーとでは、視聴者層が違ったりします。この2つを混合したチャンネルの場合、ある動画がアップされた時に、YouTube側はどちらの層のファンに向けて動画を多くオススメすればいいかわかりません。それは検索結果の画面でもそうですし、関連動画や、ホーム画面でも同様です。このような状態では、YouTube的には取り扱いにくいチャンネルのですので、評価が上がりません。よりターゲット層をしおった動画をアップしていくべきでしょう。

2,定期投稿

必ず定期的に動画を投稿することも重要です。毎日するべき、とは言いません。投稿する頻度は関係ありませんが、必ず同じタイミングで投稿し続けることが重要です。不定期動画をアップするチャンネルは、いつ動画の停止が止まるかもわかりません。そんなチャンネルを大切なユーザーにおすすめすることは、YouTubeにとっては難しいようです。

3,サムネイル画像

興味を惹くサムネイル画像も重要です。仮にYouTubeがオススメしても、質の低いサムネイル画像のためクリックさえしてもらえないようだといけません。それはユーザ目線でいうと、不要な動画が紹介されているように見えています。そしてユーザーにミスマッチなのであれば、YouTubeとしてもオススメする意味がありませんよね。枠の無駄遣いです。だからこそサムネイル画像のクオリティをあげて、人々の目に留まるような、クリックされやすい工夫を凝らす必要があります。。

4,視聴時間

再生回数が多くても、視聴時間が短いと意味がないですよね。それはサムネイル画像だけがキャッチーな「釣り動画」、要するにユーザーを騙すような動画をアップしている質の低いチャンネルと認識されてしまします。ですので視聴者がなるべく最後まで見てもらえるよう、飽きさせないクオリティの高い動画を公開する必要があります。

5,エンゲージメント数

エンゲージメントとは、視聴者からの何かしらのアクションです。「高評価ボタン、低評価ボタン、コメント、共有」の、どれでも構いません。これが多いということはつまり、どんな感情であれ、ユーザーに何かしらのアクションをさせるほどの、パワーのもった動画であり、それをYouTubeは質の高い動画と認識しています。実はそれは低評価でも問題ありません。何故なら低評価が多くつくような炎上動画や炎上に対する謝罪動画もユーザーが多く、そして、長く視聴するため、YouTube的には質の高い動画と認識されます。もちろん、犯罪行為などは禁止ですが。

6,外部メディアからの流入

YouTube以外のSNSからの流入が多い場合、チャンネルの信頼がアップします。何故ならそのチャンネルは他のプラットフォームからユーザーを引っ張ってこれるくらい優秀な人が運営していると、YouTubeは認識するからです。ですのでフォロワーの多いSNSアカウントをお持ちの場合は、目の前の視聴者数を増やすだけでなく、チャンネルそのもの評価をあげ、YouTube内での他のページからの流入も増やすためにも、どんどんシェアしていきましょう。

タイトルのネーミングはそこまで重要ではない

最後に通常のSEOはタイトルが非常に重要です。

それは検索結果のページからのクリック率を高めるためにも重要ですが、なによりテーマとなるキーワードをタイトルにいれておかないと、そのキーワードで検索された時に検索結果に表示されないからです。いえ、表示されにくくなる、が正確でしょうか。いずれにしても通常のSEOではタイトルに特定のキーワードをいれて、かつクリック率を高めるようなキャッチーなものにする必要があります。

しかしYouTubeではクリック率を高める役割はサムネイル画像が果たしています。加えて、キーワードの判別もタイトルではなく、サムネイル画像が担っています。Google側の画像認識技術で、サムネイル画像の写真や、文字を判別しているのです。ですから例えばりんごの画像や、「りんご」という文字がサムネイル画像に入っていれば、YouTube側はその動画をりんごの動画として認識して、検索結果にも反映させます。

結果、通常SEOで担っている役割を、ほぼサムネイル画像が担っており、YouTubeにおけるタイトルはほぼ補足の役割になっています。

もちろん全く重要ではないとまでは言いませんが、さほど重要ではないというのが、弊社の認識です。

意外と重要ではない要素

他にも一般的には重要と言われているものの、弊社としては、以下はYouTube SEOに大きな影響はないと考えています。

  • 動画タグの設定(動画ごとに設定できるタグでユーザーからは視認できない)
  • ハッシュタグの設定(#のあとにキーワードを設定して、タイトルや概要欄に入れ込むことで、その#以下の文字列がタグとして機能しつつ、リンク化もする。くわえてタイトル下部にもタグとして小さく表示される)
  • タイトルにキーワードを入れる

これらは、もちろん全く意味がないとは言いません。ただし大きな効果はないでしょう。

まとめ

以上が、YouTube SEOの概略と、検索上位に上げる方法です。結局のところ、良い動画をアップし続けて、良いチャンネルを作るしかないわけです。もしその点で困っていることがありましたら、弊社にお声がけしてみてくださいね。

luaaz_pr
LuaaZ広報部

LuaaZ広報部です。LuaaZに関する様々な情報や、YouTubeチャンネル成長に役立つ情報などをお届けいたします。

SHARE
  • X(旧Twitter)
  • Facebook
Pick up column
2021/10/14企画ノウハウ

YouTubeの企画一覧・YouTube作家が実際に考えた全200事例を一挙紹介

2022/07/11YouTube戦略

YouTubeのチャンネル登録者が増えないが原因・ネットで言われてる対策の大きな間違いとは

New column
2022/09/02マーケティング

BtoB企業でYouTubeを活用すべき理由・活用方法や事例について

2022/09/02マーケティング

【YouTube】企業アカウント運営に必要な予算は?制作会社の料金など

Contact/お問い合わせ

所属クリエイターへお仕事のご依頼や、ご質問など、お気軽にお問い合わせください。
採用に関するご質問もメールフォームよりお問い合わせください。