TOP / コラム / マーケティング / YouTubeブランドアカウントとは?作成方法・作り方まで解説
2021.10.14 マーケティング

YouTubeブランドアカウントとは?作成方法・作り方まで解説

YouTubeブランドアカウントとは?作成方法・作り方まで解説

いざYouTubeを始めようと決意を固めたとしても、アカウントの作り方など具体的な始め方まで理解している人は少ないのではないでしょうか。今回はアカウント制作において欠かせない「ブランドアカウント」について解説していきます。

ブランドアカウントとは

1,Googleアカウントとブランドアカウントの違い

ブランドアカウントとは、企業・自治体・学校・サークルなどの団体、商品の名前、個人の芸名などを設定可能なYouTubeのアカウントです。一つのGoogleアカウントに対して、2つ以上のブランドアカウント設定することができます。そしてブランドアカウントごとに、YouTubeチャンネルを一つ作ることが可能です。

YouTubeにGoogleアカウントでログインして、特になにも設定もない状態で、YouTubeチャンネルを作ると、そのチャンネルはそのGoogleアカウントのチャンネルになります。

つまり田中太郎という名前でGoogleアカウントに登録して、そのアカウントでYouTubeチャンネルを作ると、YouTubeチャンネルの名前も田中太郎になります。

「Googleアカウント=YouTubeチャンネル」

の状態です。

そのため仮にYouTubeアカウント名を「天ぷらオタク」という名前にして、天ぷらに関する動画をアップしたいとしても、YouTubeチャンネル名を「田中太郎」から変えることはできません。

逆にYouTubeチャンネル名を「天ぷらオタク」にするために、Googleアカウントの名前自体を「天ぷらオタク」に変えてしまうと、Gメールの名前だけでなく、Googleドキュメントなどにコメントする名前も全て、「天ぷらオタク」になってしまします。

もしこのアカウントをビジネスでも使っている場合、非常にわかりにくくなってしますね。

そこでブランドアカウントが存在します。Googleアカウントとブランドアカウントは親と子のような関係です。

ですので、田中太郎というGoogleアカウントに対して、「天ぷらおたく」というブランドアカウントを一つ作って紐付けることが可能です。このブランドアカウントでYouTubeチャンネルを開設すれば、YouTube名も「てんぷらおたく」になります。

2,Googleアカウントにブランドアカウントを複数紐付けることが可能

ブランドアカウントは複数作れます。ですので、田中太郎というGoogleアカウントに対して、「天ぷらおたく」というブランドアカウントを一つ作れるだけでなく、「おにぎりおたく」「漬物おたく」と言った風に、複数のブランドアカウントを制作可能です。そしてそれぞれのブランドアカウント名は、それぞれのYouTubeチャンネル名と連動するので、田中太郎というGoogleアカウントに対して、「天ぷらおたく」「おにぎりおたく」「漬物おたく」という名前のYouTubeチャンネルを作れることを意味します。

3,間違えてGoogleアカウントでYouTubeチャンネルを作って動画をアップした場合

最初はGoogleアカウントでYouTubeチャンネルを作って、そのチャンネルに動画をアップした後に名前を変えられないことに気づいた場合でも、そのチャンネルを動画情報ごと、ブランドアカウントに移行することは可能です。

ブランドアカウントを作成することのメリット

・複数人でのYouTubeチャンネルの運営・管理が可能

YouTubeチャンネルを開設後、社員やパートナー企業など複数名で構成されたチームで運営・管理する企業も少なくないのではないでしょうか。その際は、YouTubeブランドアカウントを使用することで、メンバーを新たにチームに追加するときもGoogleアカウントを追加するだけで調整ができます。加えて、「オーナー権限」「管理者権限」と権限によって可能なことに差がありますが、新たに追加したメンバーと動画の投稿や編集などの共同運営ができるので、個人のタスクを減らすことができ、スピーディーな投稿が可能になります。ユーザーごとに使用できる機能の管理などもアカウントのオーナーが設定できるので、メンバー管理も安心して行えます。

1,複数のYouTubeチャンネルを作ることが可能

1つのYouTubeブランドアカウントで、カテゴリーやブランドに分けて複数のYouTubeチャンネルを作ることが可能です。例えば、1社でアパレルやITなど複数の事業を展開している場合は、1つのYouTubeブランドアカウントで事業別に複数のYouTubeチャンネルを運営することもできます。

もちろん、事業別にYouTubeブランドアカウントをそれぞれ作成することも可能ですが、データ管理やセキュリティ面などが脆弱になる可能性もあるので、このような場合は、1つのYouTubeブランドアカウントで管理するのが良いでしょう。

2,YouTubeチャンネル名を変更することができる

YouTubeブランドアカウントにすると、YouTubeチャンネル名を自由に決めることができます。ユーザーの注目を集め、わかりやすいYouTubeチャンネル名を設定することで、チャンネル登録をされやすくなるでしょう。

また、GoogleアカウントでYouTubeチャンネルを開設すると、姓と名の関係で名前が逆に表示されてしまう可能性がありますが、YouTubeブランドアカウントで新たにチャンネル名を作成することで避けられます。

3,個人情報が漏洩するリスクが低い

GoogleアカウントでYouTubeの動画を投稿している場合、アカウントに関する情報が関連動画として表示されてしまうことがあり、個人情報の流出がもしかすると起きてしまうかもしれません。一方で、YouTubeブランドアカウントはGoogleアカウントと紐づけされないので個人情報が流出するリスクは低いでしょう。

4,ユーザごとにアカウント権限設定が可能

最後にブランドアカウントは、ユーザ毎にアカウント権限設定が可能です。

ブランドアカウントは、下記の4種類の権限を選択できます。

メインオーナー

メインオーナーはオーナーの中で1人しかなることができない権限です。なので基本的に自分がメインオーナーになりましょう。メインオーナーを変更すると、実質的に変更先の人にチャンネルを譲渡することになります。

オーナー

オーナーは基本的にすべての操作が可能です。

オーナーにしかできない操作が3種類あり、『チャンネルの削除』、『他ユーザーをオーナーまたは管理者に指定』、『他オーナーを削除』が可能です。

管理者

オーナーの次に管理者は多くの権限を与えられています。

例えば『チャンネル詳細の編集』、『YouTube動画のアップロード、編集、公開、削除』、『チャンネルにアクセスできるユーザーの確認』などが可能です。

要するに、YouTube運営に関わる作業は、ほとんど出来ることになります。

コミュニケーション管理者

コミュニケーション管理者はYouTubeにおいて可能な操作がありません。

つまり、コミュニケーション管理者という権限はほとんど使われません。

ブランドアカウントの作成方法

①Googleアカウントの作成

②YouTubeにログイン

③チャンネルの開設

④ブランドアカウントの作成

⑤詳細の設定

①Googleアカウントの作成

YouTubeを始める上で、まずはGoogleアカウントが必要になってきます。名前やメールアドレス、パスワードの設定を行う、ごく一般的な作業ですね。

②YouTubeにログイン

では①で作成したGoogleアカウントで、YouTubeにログインをします。GoogleからYouTubeを検索すると、ログインのボタンが出てくるので、そこからメールアドレスとパスワードを入力して、ログイン完了です。

③チャンネルの開設

ログインした状態のYouTubeで、設定画面を開きます。そこに、「新しいチャンネルを作成する」というボタンがあるので、クリックすると開設できます。

④ブランドアカウントの作成

チャンネルの開設ができると、ブランドアカウントの設定ができるようになります。

そこで、ブランドアカウント名を入力して、作成しましょう。名前は、企業チャンネルであれば、企業名を入れておくのが無難です。名前だけ見てどの企業か分かった方が、視聴者の印象にも残りやすいですよね。ちなみに、チャンネル名は後からでも変更はできます。

⑤詳細の設定

最後に諸々の設定を行っていきます。まずは「チャンネルをカスタマイズ」を押します。「基本情報」ではチャンネルの説明文を、「ブランディング」ではアイコンを設定できます。

最後に

ブランドアカウントの作成方法とそのメリットについてご理解いただけたのではないでしょうか。この記事を読んだ上でYouTubeチャンネルの作成に興味を持ち、さらに専門家に相談したい場合は、是非、弊社にご連絡くださいませ。

luaaz_pr
LuaaZ広報部

LuaaZ広報部です。LuaaZに関する様々な情報や、YouTubeチャンネル成長に役立つ情報などをお届けいたします。

SHARE
  • X(旧Twitter)
  • Facebook
Pick up column
2021/10/14企画ノウハウ

YouTubeの企画一覧・YouTube作家が実際に考えた全200事例を一挙紹介

2022/07/11YouTube戦略

YouTubeのチャンネル登録者が増えないが原因・ネットで言われてる対策の大きな間違いとは

New column
2022/09/02マーケティング

BtoB企業でYouTubeを活用すべき理由・活用方法や事例について

2022/09/02マーケティング

【YouTube】企業アカウント運営に必要な予算は?制作会社の料金など

Contact/お問い合わせ

所属クリエイターへお仕事のご依頼や、ご質問など、お気軽にお問い合わせください。
採用に関するご質問もメールフォームよりお問い合わせください。