TOP / コラム / YouTube戦略 / 【初心者向け】YouTubeのアカウントの作り方から動画の投稿方法、気をつけるポイントまで基本を徹底解説
2021.10.14 YouTube戦略

【初心者向け】YouTubeのアカウントの作り方から動画の投稿方法、気をつけるポイントまで基本を徹底解説

【初心者向け】YouTubeのアカウントの作り方から動画の投稿方法、気をつけるポイントまで基本を徹底解説

YouTubeを運営していくにあたって、初心者が気を付けなければならないポイントはいくつも存在します。そこで、今回の記事ではYouTubeコンサルを行っているYouTubeの企画や分析を専門としている株式会社Luaazの見解を用いて、初心者がYouTubeチャンネルを作る際の注意点について解説していきます。

YouTubeアカウントの作成方法

①Googleアカウントを作成する

YouTubeチャンネルを開設するにあたって、まず大前提としてGoogleアカウントを作成している必要があります。

②Googleアカウントの作成方法

(a)氏名・ユーザー名・パスワードを登録

Googleアカウントの作成ページを開き、氏名・ユーザー名・パスワードをそれぞれ入力します。

(b)電話番号の認証

アカウントのセキュリティ保護のために電話番号の認証が必要です。1つの電話番号で複数のアカウントを作成することができます。国選択で日本を選択した後、左から2番目の数字より入力する必要があります。

例 「080-1111-2222」→「8011112222」

入力したら、「次へ」ボタンをクリックします。そうすると、自身の電話番号にGoogle確認コードが届きます。

Google確認コードを確認し、G-以降の数字6桁を入力して、「確認」ボタンをクリックします。

(c)生年月日・性別を入力

生年月日、性別の入力を行ってください。登録した生年月日や性別はパスワードを忘れた際に必要になります。

(d)電話番号活用の有無

電話番号の活用を追加するかどうかの選択画面が表示されます。

追加すると連絡帳との同期や自分にあった広告が表示されるようになります。必要ない場合は「スキップ」をクリックしましょう。

(e)利用規約の確認

「プライバシーポリシーと利用規約」が表示されます。

下までスクロールすると、「同意する」ボタンが表示されます。クリックすると登録完了となります。

③デフォルトアカウントとブランドアカウント

YouTubeチャンネルには「デフォルトアカウント」と「ブランドアカウント」の2種類があります。「デフォルトアカウント」とは最初のGmailを登録した際に作成されたアカウントで、動画のアップロードはできるものの、チャンネル名=アカウント名となってしまいます。それに対して「ブランドアカウント」はいくつも作成でき、それぞれに違うチャンネル名を設定できます。

ここでは「ブランドアカウント」開設の手順を開設します。それに伴い、ChromeなどのPC表示のできるブラウザを使用する必要があります。

④チャンネル開設の手順

(a)ブラウザからYouTubeを開く

Chromeなどのブラウザアプリを開いて、検索バーに[https://www.youtube.com/]と入力します。 

(b)YouTubeにログイン

右上のアイコンをクリックし、ログインします。

(c)設定を行う

まず、モバイル版の表示では設定ができないので、PC版の表示に切り替えます。Chromeのアドレスバーのメニューから「PC版サイト」を選択すると切り替わります。

再び表示された右上のアイコンをクリックし、「設定」を選択します。

(d)チャンネルを追加し、チャンネル名を設定する

「新しいチャンネルを作成する」を選択します。

(e)チャンネル名を入力します。

その後、YouTubeを開いて「設定」を選択し、「チャンネルを追加または管理する」をクリックします。ここでアカウントが追加されていれば開設完了です。

動画投稿の手順

①動画を選択

まず、画面上部にあるビデオマークをクリックし、「動画をアップロード」を選択します。その後、元々保存されている動画を選択するか、新たに撮影するかを選択します。

②アップロード

動画を選択した後は、タイトル、説明文を入力し、視聴者層の選択画面に進みます。視聴者層の選択を完了したら、「アップロード」をクリックします。

その後、動画をクリックして再生できればアップロードは完了です。

③YouTubeのサムネイルを設定する

基本の方法は、YouTube側が動画からセレクトした3つの画像からサムネイルを設定します。しかし、自身のアカウントを「確認済み」にすることで、好きな画像をサムネイルに設定できるようになります。

④アカウントを「確認済み」にする手順

(a)YouTubeの画面右上から「YouTube Studio」をクリックし、「設定」をクリック。

(b)「チャンネル」タブをクリックし、「機能の利用資格」をクリック。

(c)「スマートフォンによる確認が必要な機能」をクリックしてタブを開き、「電話番号の確認」をクリック

(d)国を選択し、確認コードの受け取り方法を指定して電話番号を入力

(e)受け取り方法で指定したSMSまたは電話で確認コードが伝えられるので、それを入力。

上記の手続きを済ませるとアカウントが確認済みになり、自由な画像をサムネイルに設定することができるようになります。

⑤自由な画像をサムネイルに設定する方法

(a)YouTubeの画面右上から「YouTube Studio」をクリックし、「設定」をクリック。

(b)投稿動画の一覧より鉛筆アイコンの「詳細」をクリック

(c)「サムネイル」の項目にある「サムネイルをアップロード」をクリック

(d)デスクトップ上に保存している画像の中から好きなものを指定した後、「保存」をクリック

編集に関する注意点

①BGMやテロップはシンプルにする

YouTube初心者がやりがちな失敗として、撮った動画をそのままアップしてしまうこと。あるいはBGMやテロップについてこだわり過ぎてしまうという、真逆の2パターンが存在しています。

基本的にBGMやテロップなどの編集は、シンプルかつ有名なチャンネルに似ているものにしたほうがベターかもしれません。チャンネル独自の色を出したいということもあるかもしれませんが、基本的には見慣れたテロップや聞き慣れたBGMの方が受け入れられやすいです。全くないと見にくいし、凝りすぎるとテレビ的な映像になりすぎてしまい、YouTubeの映像に慣れている若いユーザーには受け入れられにくです。

あるいはオシャレなチャンネルであることに必要性がある場合は、独自の編集をしてもいいかもしれませんが、基本的には有名なYouTuberが使用しているテロップの色やフォント大きさなどを真似しつつ、BGMなどは同じフリー素材を使ったほうが良いかもしれませんね。

②動画尺の決め方

まずその時々のブームを把握することが重要です。特に自分が挑戦するジャンルにおける動画尺の長さの流行を分析する必要があります。ジャンルごとに適切な、あるいは、流行りの尺がありますからね。

また動画の尺は可能な範囲で一定に揃えるべきかもしれません。動画の視聴時間が一定のチャンネルはYouTubeのアルゴリズムに「良いチャンネル」と判断され、動画が関連動画やオススメに登場する頻度が増えます。

ユーザーに尺の好みがあるため、尺がバラバラの動画をアップすることは、ターゲットユーザーが定まっていない「質の低いチャンネル」と判断されるリスクがありますからね。

特に初期アカウントは、アルゴリズムからどのようなアカウントか認識されていない可能があるので、できるだけ統一感のある尺であることが望ましいです。

撮影に関する注意点

①画質について

YouTubeにアップする動画の画質をどうすればいいのか、これは初心者の方からすると悩むところかもしれません

結論から言うと、YouTubeにアップする動画の画質を無理に良くしようとする必要はありません。むしろYouTubeは親近感が重要なプラットフォームですので、画質が良すぎると、視聴者目線ではマイナスになる可能性すらあります。実際にトップYouTuberの方でiPhoneなどスマートフォンで撮影した動画をアップしているケースもあるくらいです。

もちろんガジェットYouTuberのような、機器類を紹介するようなジャンルのチャンネルの場合は、画質が悪いと説得力が薄れるのある程度、気にする必要があるかもしれません。ただこれは例外的な話ではないでしょうか。

②背景について

トップYouTuberの背景は、人気キャラクターのぬいぐるみが置かれるなど、かわいい世界観で統一されていたり、逆に大量の書籍が本棚に飾られており知的でかっこいい雰囲気など、独特なものであることがありますよね。もちろんキャラの立った一部の人気YouTuberはそれもありかもしれませんが、基本的にはYouTubeの背景はシンプルなものが良いとされています。

それこそ無地の白色の壁でも十分なくらいです。適度なスッキリ感と、親近感を与えるものがベターでしょう。

弊社、株式会社Luaazが企画面でサポートしている「【脱豚チャンネル】りせともよ」さんのチャンネルは約20万人にまで成長したチャンネルですが、このように普通の白無地です。

むしろ動画内やサムネイルやテロップの映り方の面でも見やすいかもしれませんね。。

③顔出しについて

YouTubeを始めるうえで、顔出しをするのか、しないのかということは大きな悩みの種になる部分かもしれません。

これに関してはどちらでも良いというのが弊社の見解です。もちろん美容系やバラエティ系など、顔出ししたほうが良いとされるジャンルは一定あります。しかし最近は、顔出しせずに自身のプライベートな話題を暴露するような動画が人気を集めるなど、顔出しなしでも人気を博する例が増えています。あるいは情報系のチャンネルなどの場合は、情報そのものに価値があるため、顔出しによる有利不利はほぼ存在しないといっていいでしょう。

結論としては、それぞれのメリット、デメリットが存在するため、自身が続けられると思う方を選択することが1番だと思います。

④画角について

顔出しをする上で、重要になるのが撮影時の画角です。

初心者でありがちなミスとしては、テレビをイメージして引きの画角で撮影してしまうことが多々あります。ただYouTubeはスマートフォンで見られることが多く、スマホの画面はテレビなどと比較すると言わずもがな小さいので、寄りを意識して撮影したほうが良いかもしれません。

特にトーク系や美容系のような動画では、友達に話しかけるような雰囲気を出すためにも、寄りで親近感も出て良いとされています。

一方で引き撮影すれば、落ち着いて喋っている雰囲気を出すことができます。情報系のチャンネル、あるいは、告知系の動画に関しては引きのほうが適しているかもしれませんね。

まとめ

以上がYouTubeチャンネルの始め方と、撮影、編集時の注意点となります。この記事を読んだ上で、まだなおYouTubeチャンネルの始め方や撮影、編集ついて悩んでいらっしゃる場合は、是非、弊社にご相談くださいませ。

luaaz_pr
LuaaZ広報部

LuaaZ広報部です。LuaaZに関する様々な情報や、YouTubeチャンネル成長に役立つ情報などをお届けいたします。

SHARE
  • X(旧Twitter)
  • Facebook
Pick up column
2021/10/14企画ノウハウ

YouTubeの企画一覧・YouTube作家が実際に考えた全200事例を一挙紹介

2022/07/11YouTube戦略

YouTubeのチャンネル登録者が増えないが原因・ネットで言われてる対策の大きな間違いとは

New column
2022/09/02マーケティング

BtoB企業でYouTubeを活用すべき理由・活用方法や事例について

2022/09/02マーケティング

【YouTube】企業アカウント運営に必要な予算は?制作会社の料金など

Contact/お問い合わせ

所属クリエイターへお仕事のご依頼や、ご質問など、お気軽にお問い合わせください。
採用に関するご質問もメールフォームよりお問い合わせください。