TOP / コラム / マーケティング / 企業がYouTubeを始めるメリット・デメリットは?成功事例も紹介
2021.12.15 マーケティング

企業がYouTubeを始めるメリット・デメリットは?成功事例も紹介

企業がYouTubeを始めるメリット・デメリットは?成功事例も紹介

近年、企業のYouTubeチャンネルが増加傾向にあります。では何故多くの企業がYouTubeチャンネルの開設に乗り出すのでしょうか。今回はYouTubeの企画、編集、分析など全ての工程を一気通貫でサポートする株式会社Luaazの事例を用いて、立ち上げ秘話や、目的、現在地などを紹介していきます。

YouTubeをはじめるきっかけ

とあるメーカーの話の立ち上げ秘話に関してです。この企業がYouTubeチャンネルをはじめたきっかけは主に3ちです。一つは自社に発信力がなかったことでしょうか。強いオウンドメディアを持っているわけでないため、商材を宣伝する際には広告に依存していました。広告が悪いわけではないのですが、その他の選択肢を持ちたかったという部分はあったのでしょう。

次に単純な広告では商品の魅力を伝えきることができず、商材のもともとの人気に依存してしまうという問題がありました。

最後に自社の収益率が低いという問題もありました。そのメーカーは他社が権利を持つ商材を代理で販売しているというビジネスモデルでした。そのため自社で権利を持ち高い収益率のモデルも作りたいと考えていたようです。

YouTubeをスタート

この3つの課題を解決するためにYouTubeをはじめました。登録人数の多いチャンネルを作ることができれば、発信力の問題は解決します。またYouTubeは長尺の動画メディアなので既存の製品の魅力を、知名度とは関係なく紹介可能です。最後に影響力の強いチャンネルを持っていれば、他社に権利がある商材に依存せずとも、自社でゼロから商材を作り出すことも可能です。また商品のターゲットが若者向けだったことも、YouTubeをはじめる上で大きな後押しになりました。

YouTubeを選んだ理由

他のSNSを育てる選択肢もありましたが、中でもYouTubeを選んだ理由は様々です。

一つは公式が提供している分析ツールが高性能で、正確にチャンネルや動画の影響力などが測定可能な点は企業として大きなメリットです。YouTubeアナリティクスほどの内容を提供しているプラットフォームは他にありません。

加えて長尺の動画メディアということも、チャンネルであり企業の熱狂的なファンを生むプラットフォームとして適しているという考えもありました。

YouTubeを企業が始める障壁①:リソース不足

よくある壁の一つ目は自社リソースがないことです。特に企画、撮影、編集するリソースを持ち合わせている企業さんはあまりおらず、そこで敬遠される企業さんも多いです。多くのリソースは弊社側で肩代わり可能なのですが、企業側にお願いすることもあります。

①Luaazが考案したチャンネルコンセプトに対し、企業理念などを含めた是非をチェックしていただくこと

②動画コンテンツの企画に対し、企業理念などを含めてチェックしていただくこと

③最終的に出来上がった動画コンテンツに対し、チェックしていただくこと

以上の三つになります。

最初のすり合わせさえ終われば、日々の動画チェックに関しては、一日当たり10分程の動画とそのサムネイルのチェックで、本業の片手間でできる業務となっています。

YouTubeを企業が始める障壁②:失敗リスク

チャンネル開始後なかなか思ったように視聴数が伸びず、かけたコストが無駄になる懸念は各企業あります。大きく伸びず、チャンネル登録数が少なすぎる場合、企業のブランド毀損になる可能性を懸念する場合もあります。

ただこのあたりの失敗リスクは、専門家であるLuaazと共同で作れば、限りなく小さくすることが可能です。

YouTubeを企業が始める障壁③:YouTubeに対する不信感

近年、炎上するYouTuberが増えていることも、始める上で障壁になることはあります。確かにそのリスクがあるのは確かですが、弊社が取り組みをする場合は、問題ない演者かを事前にチェックした上で、演者ともマネジメント契約を結んで進めますので、様々なリスクを回避できるように努めています。

開設後

そこでそのメーカーの会社と弊社は共同でYouTubeチャンネルを作ることになりました。既に他のSNSで有名ではあるものの、YouTubeチャンネルは持っていなかった若いインフルエンサーを起用して少しずつですがチャンネルを増やしていきました。

最初の1年間は投資フェーズだったので、企業の皆さんには我慢してもらうことになりましたが、長期計画を合意してもらっていたので、順調にチャンネルを育てることに集中できました。

結果今では当初目標としていたチャンネル登録数を上回ることができて、様々なメリットが生まれています。前述の課題を解決できただけでなく、しかもそのYouTubeチャンネル自体が広告収入で収益を生むのも大きいですね。

今では事実上、収益を生みながら自社製品を宣伝できるマーケティングチャンネルを手に入れたことになっています。

最後に

以上がYouTubeの企業チャンネルの成功事例に関する紹介でした。この記事を読んだ上でYouTubeの企業チャンネルの立ち上げに関して興味を持ち、さらに専門家に相談したい場合は、是非、弊社にご連絡くださいませ。

luaaz_pr
LuaaZ広報部

LuaaZ広報部です。LuaaZに関する様々な情報や、YouTubeチャンネル成長に役立つ情報などをお届けいたします。

SHARE
  • X(旧Twitter)
  • Facebook
Pick up column
2021/10/14企画ノウハウ

YouTubeの企画一覧・YouTube作家が実際に考えた全200事例を一挙紹介

2022/07/11YouTube戦略

YouTubeのチャンネル登録者が増えないが原因・ネットで言われてる対策の大きな間違いとは

New column
2022/09/02マーケティング

BtoB企業でYouTubeを活用すべき理由・活用方法や事例について

2022/09/02マーケティング

【YouTube】企業アカウント運営に必要な予算は?制作会社の料金など

Contact/お問い合わせ

所属クリエイターへお仕事のご依頼や、ご質問など、お気軽にお問い合わせください。
採用に関するご質問もメールフォームよりお問い合わせください。