TOP / コラム / YouTube戦略 / YouTubeのブランジング機能におけるインプレッション数の増やし方
2021.12.25 YouTube戦略

YouTubeのブランジング機能におけるインプレッション数の増やし方

YouTubeのブランジング機能におけるインプレッション数の増やし方

YouTubeチャンネルを運営していると、インプレッション数が増えずに悩むことはよくありますよね。そこで今回はYouTubeを中心にマーケティングコンサルを行っている株式会社Luaazの見解を用いて、インプレッションを増やす方法を解説していきます。

インプレッションを増やすために重要視するべき項目

基本的にYouTubeでインプレッションを増やすために重要なのは、ブラウジング機能でのインプレッションを増やすことです。これは主にホーム画面からの流入を意味します。

YouTubeのユーザーの多くはホーム画面に表出される動画の中から視聴する動画を選ぶことが多いため、ブラウジング機能の影響力は非常に大きいです。そしてブラウジング機能でのインプレッション数を増やすには、YouTubeの脳みそであるアルゴリズムから「質の高いチャンネル」と認識してももらう必要があります。ではどのようにすれば「質の高いチャンネル」と認識してもらえるのでしょうか。

「質の高いチャンネル」と認識してもらうための基本アクション

①定期投稿する

定期的に動画を投稿することは非常に重要です。投稿する頻度は関係ありませんが、必ず同じタイミングで投稿し続けましょう。不規則なタイミングで動画をアップロードしていると、「いつ動画配信が止まるかわからない」とアルゴリズムに判断される可能性があります。そうなればYouTubeのアルゴリズムから信頼も得られず、結果的にユーザーにおすすめされなくなる傾向があります。ユーザー目線でもいつ動画がアップされるかが決まっているほうがわかりやすくていいですね。

②サムネイル画像を工夫する

クリックされやすいサムネイル画像の設定も必要です。例えば、ホーム画面の動画が露出されたとしても、クリックされなければYouTube側は「ユーザーが求めていない動画」と判断します。そのような事象が続くと、最終的にはホーム画面に表出されなくなる可能性すらあります。そのため、クリック率の高い、ユーザーの興味関心を惹くような、サムネイル画像を作成する必要があります。

③エンゲージメント数

エンゲージメントとは、視聴者からの何かしらのアクションです。「高評価」「低評価」「コメント」「共有」のどれでも構いません。これらのアクションが多いと、エンゲージメント数が多い、質の高い動画とYouTubeのアルゴリズムに認識してもらえます。ユーザーにアクションさせるほどの力を持っている動画ということです。肝になるのは低評価でも問題ないということでしょうか。だからこそ炎上動画はYouTube上でバズリ続ける、そういう仕組になっています。

④視聴時間が長くなるような工夫を

再生回数が多くても、視聴時間が短いと意味がありません。再生回数の割に視聴時間があまりにも短い場合は、質の低い動画であるとYouTubeのアルゴリズムから判断されかねません。そうなると、質の低いチャンネルだと認識され、評価が落ちてしまう可能性があります。そのような動画が増えると、インプレッションが増えることはないでしょう。

⑤外部メディアからの流入

Twitter、Instagramなど、他のSNSからの流入が多い場合も、質が高いと認識されます。他のプラットフォームからユーザーを引っ張ってこれるほど、信頼性の高いチャンネルだとYouTube側に認識してもらえるからです。もしフォロワーの多いSNSアカウントがあれば、どんどんURLをシェアしていきたいところですね。

⑥トレンド

その時の流行りに乗ることも大切です。単純に人気を集めやすいという面もありますが、YouTubeの仕組み的にも有効です。例えば、ドッキリ動画が流行っていて、そのトレンドに合わせて同じように大食い動画を配信すれば、既にそれに似た動画を見たユーザーのホーム画面に表示される可能性が高くなります。

検索キーワードを意識する

インプレッション数を増やすには上記を抑えるのが基本ですが、他にも様々、創意工夫するべきことはあります。というのも、ブラウジング機能が重要とはいえ、検索機能などを無視していいわけではありません。

というのも情報チャンネルなどでは、検索機能からの流入も一定あり、そこから流入して一定のクリック率と視聴維持時間を確保できれば、質の高い動画として認識されて、後にブラウジング機能でも大きく数字を伸ばすことにも繋がるからです。

そのためある程度検索される可能性のあるキーワードをタイトルや概要欄に盛り込むなどの工夫も必要になってきます。

YouTubeチャンネルを急成長させる方法

ただ結局のところYouTubeチャンネルを急速に成長させる上で重要なのは、面白い企画の動画を作り、できるだけ多くバズらせる必要があることも忘れてはなりません。これだけを聞くと何を当たり前のことを…、と思われるかもしれませんが、重要なことです。

というのも一度バズれば、該当動画のインプレッションが増えて、視聴数、チャンネル登録数などは大幅に増えることが予想されます。加えてYouTubeではどのような形であれ、一つの動画がバズリ、視聴数を大きく増やすと、その後の動画のインプレッションも増えるような仕組みになっています。

例えばバズる前の1つの動画の平均インプレッション数が1万回程度だった状態で、一つの動画がバズったとします。その際、バズった動画の後に公開される動画の平均インプレッション数が2万回に増えるなど、チャンネル全体のインプレッション数の底上げされていくのです。そのため定期的にバズる動画を投稿することで、YouTubeは階段のような折れ線図で成長していきます。

バズらせる方法

もちろん、企画を簡単にバズらせることができるのであれば、苦労しないというのが本音でしょうが、ある程度YouTubeを運営すれば、跳ねる企画というのが見えてきます。

例えば情報系のチャンネルなら、重大発表の直後などにそれを取り扱えば、大きく視聴数が伸びることが予想されます。そういう時は、普段より編集の時間をかけず、多少、編集の質を落としてでも素早く動画を出すことを優先してみてもいいかもしれません。

他にもエンタメ系の動画だとしても、時事ネタ、要するにトレンドは重要です。手法は様々ですが、トレンドの企画を真似する、ウェブニュースなどで話題になっている人とコラボ企画を動画にするなど、トレンドの取り入れ方は様々ですが、積極的に取り入れていきたいですね。

最後に

以上がインプレッションを増やす方法でした。もし他にも疑問点などあれば、是非、弊社に
お気軽にお問い合わせくださいませ。

luaaz_pr
LuaaZ広報部

LuaaZ広報部です。LuaaZに関する様々な情報や、YouTubeチャンネル成長に役立つ情報などをお届けいたします。

SHARE
  • X(旧Twitter)
  • Facebook
Pick up column
2021/10/14企画ノウハウ

YouTubeの企画一覧・YouTube作家が実際に考えた全200事例を一挙紹介

2022/07/11YouTube戦略

YouTubeのチャンネル登録者が増えないが原因・ネットで言われてる対策の大きな間違いとは

New column
2022/09/02マーケティング

BtoB企業でYouTubeを活用すべき理由・活用方法や事例について

2022/09/02マーケティング

【YouTube】企業アカウント運営に必要な予算は?制作会社の料金など

Contact/お問い合わせ

所属クリエイターへお仕事のご依頼や、ご質問など、お気軽にお問い合わせください。
採用に関するご質問もメールフォームよりお問い合わせください。