TOP / コラム / マーケティング / YouTubeサービスと企業の関係性解説
2021.10.14 マーケティング

YouTubeサービスと企業の関係性解説

YouTubeサービスと企業の関係性解説

YouTubeに関連するビジネスは多岐多様です。結果としてそれらに関わる会社は日本中、多数存在することになっており、どの会社が具体的に何をしているのかは非常にわかりにくくなっています。そこで今回は、YouTube関連ではどのようなビジネスが存在しており、各企業がどのように関わっているのか、そして様々な会社のチャンネルについて解説していきます。

GoogleとYouTube

まずYouTubeはGoogle社が運営しているサービスになります。GoogleはYouTube上に独自のアルゴリズムで、ユーザーと親和性の高い広告を表示する機能をつけることで、出稿している企業側から広告収入を得ています。そして配分は公開されておりませんが、その広告収入の一部を、動画を投稿しているクリエイターに分配しています。

またマネタイズのポイントは、クライアント側からの広告収入だけでなく、ユーザー側にもあります。例えばライブ配信中の投げ銭機能、またチャンネルごとに「メンバー」という視聴者が特定のチャンネルに月額料金を払うことにより、クリエイターを応援する機能も作っています。クリエイターは応援してもらったお礼に、メンバー限定で何かしらのコンテンツを配信することが可能です。このようにユーザー側から得た収益は、一部はクリエイターに支払われますが、Google側も手数料として受け取ることで、一つのマネタイズポイントとしています。

自社チャンネル運営

さて本家のGoogle側の基本的なビジネスモデルを解説したところで、周辺のビジネスや企業について解説していきます。

YouTube関連のビジネスで最もわかりやすいのが、チャンネルを運営することでしょう。YouTuberという言葉が世界中に定着してもう日が立っていますが、読者の皆さんのイメージ通り、これらは企業ではなく一個人を指す場合が多いことが実態です。

YouTuberがチャンネルを運営する場合、YouTubeから得られる広告収入を目的としていることが主になります。あるいはGoogleを介さず、企業と直接やり取りをして商材を宣伝する所謂「企業案件」と呼ばれるような動画を作成して公開することで、企業から広告収入を得る場合もあります。

しかしながら個人だけでなく、企業がYouTuberのチャンネル運営を行う事例も近年増えてきています。企業がYouTubeを運営する場合も、広告収入を目的することもあるでしょう。

ただ企業の商材を宣伝する一つのマーケティングチャンネルとして捉えている場合もありますし、企業名を多く認知してもらうことで採用に生かす目的なども一定あるでしょう。

例えば、 株式会社クラシコムは「北欧、暮らしの道具店」というチャンネルを運営しています。この企業はYouTubeチャンネルと同様のECサイトを運営しており、主に家具雑貨などを販売しています。このチャンネルでは、ドラマなどを定期的に公開しています。中でも人気なのは「青葉家のテーブル」というドラマです。これは母親と13歳の息子の二人、そして若いカップルの二人の合計4人が同じ家で暮らす、一風変わった家族の心温まるストーリーです。このドラマ内では度々、食事を作り、食卓を共にするシーンが流れるのですが、そこに出てくるお皿、料理道具、テーブルや椅子などの家具にいたるまですべて自社の商品が使われているという非常に作り込まれた広告ドラマになっています。

YouTubeチャンネル運営コンサル

さて「北欧、暮らしの道具店」のような、クオリティの高いチャンネルを簡単に運営できれば、どこの企業も喜んでYouTube運用を開始するのでしょうが、これは決して簡単ではありません。YouTubeは新しい動画プラットフォームであり、この中で人気を博するノウハウは誰しもが知っているわけではありません。

そこで弊社Luaazのような、チャンネル運営の企画面や分析面でサポートするをコンサル会社が存在しています。弊社の場合は厳密にはZ世代向けのマーケティングを全般的に支援しており、TikTokなど他のSNSの運用をお手伝いする場合もあります。ただ実質的には、YouTubeチャンネルの戦略検討、動画の企画立案、撮影、編集、分析など、運用していく上で必要な業務を一気通貫でサポートすることが多いですね。

広告代理店

広告代理店などもYouTube関連ビジネスには以前より参入しています。例えばGoogle側が提供しているシステムを利用して、多数の動画に企業の広告を表示する業務の代行や、戦略を立案することで、企業のマーケティングを支援しています。

あるいはYouTubeのクリエイター、もしくはクリエイターをマネジメントしている会社と接点を持ち、企業の宣伝に適した動画を作成、公開するところの橋渡し役になることもあるでしょう。代理店の規模感次第ですが、大手になるとこのようなYouTube上での広告出稿を、その他、テレビ、雑誌、インターネット広告などとあわせて大きな絵を書いて、企業のマーケティングをサポートしています。

マネジメント会社

YouTuberはある一定以上の人気を博するようになると、ファン対応、企業案件に検討推進、イベント出演、グッズ制作、経理作業など、本来の面白い動画を作るという業務以外の部分に忙殺されてしまうことも少なくありません。そこでマネジメント会社は、YouTuberが得る収益の一部を手数料としてもらうことで、様々なサブ的な業務をお手伝いすることがあります。要するにYouTuberのマネージャー係ですね。これは所謂、芸能人などが所属する芸能事務所が同様の業務を行うこともあります。YouTubeのマネジメント会社でいうと、人気YouTuber「HIKAKIN」さんなども所属するUUUM株式会社などが有名かもしれませんね。

キャスティング会社

マネジメント会社と混同されがちですが、キャスティングに特化した会社もあります。これらの会社は、個人のYouTuberだけでなく、YouTubeのマネジメント会社、芸能事務所などと広く繋がり、企業や広告代理店などが制作しようとしている宣伝動画などのキャスティングや、複数のマイクロインフルエンサーに商材を宣伝してもらうための橋渡し役などを務める場合もあります。

Luaazの強み

さてYouTubeに関連する会社を一通り解説した上で、Luaazの強みの部分は、クリエイターと直接繋がっており、クリエイターや彼らと協働する作家陣と共に動画を制作できる部分です。例えば既存のYouTubeチャンネルにある商材を宣伝する動画を公開する場合、最大、広告代理店、キャスティング会社、マネジメント会社、など多くもの関連企業を挟んで動画を作っていくことも多く、企業の要望通りの内容から少しズレてしまうことも少なくありません。ただ弊社の場合は、クリエイターに近しい存在である作家陣を交えて、企業の皆さんと共に面白さと宣伝効果を追求可能な体制を作り上げています。

あるいはチャンネルを新設する場合にも、YouTubeチャンネルの開設・企画・キャスティング・撮影・運用までのサポートをトータルに提供し、独自の分析力と企画力で本当に力をもったチャンネルを構築してきた実績もあります。

この記事を読んでも、もしYouTubeでお困りのことがございましたら、YouTubeチャンネルの制作やYoutuberのマネジメントを行っている弊社に是非、ご相談くださいませ。

luaaz_pr
LuaaZ広報部

LuaaZ広報部です。LuaaZに関する様々な情報や、YouTubeチャンネル成長に役立つ情報などをお届けいたします。

SHARE
  • X(旧Twitter)
  • Facebook
Pick up column
2021/10/14企画ノウハウ

YouTubeの企画一覧・YouTube作家が実際に考えた全200事例を一挙紹介

2022/07/11YouTube戦略

YouTubeのチャンネル登録者が増えないが原因・ネットで言われてる対策の大きな間違いとは

New column
2022/09/02マーケティング

BtoB企業でYouTubeを活用すべき理由・活用方法や事例について

2022/09/02マーケティング

【YouTube】企業アカウント運営に必要な予算は?制作会社の料金など

Contact/お問い合わせ

所属クリエイターへお仕事のご依頼や、ご質問など、お気軽にお問い合わせください。
採用に関するご質問もメールフォームよりお問い合わせください。