TOP / コラム / 編集ノウハウ / YouTube動画作成に使える効果音・BGMサイト紹介
2021.12.15 編集ノウハウ

YouTube動画作成に使える効果音・BGMサイト紹介

YouTube動画作成に使える効果音・BGMサイト紹介

YouTubeへ動画投稿の手順は、撮影して、編集、サムネイル画像を作り、YouTube上に動画やサムネイル画像をアップロード。最後にタイトルや概要欄の文言を記入するという流れになります。それぞれ重要な作業になりますが、今回はYouTubeの編集について、特に効果音に関してを、YouTubeの企画や分析から編集まで一気通貫で提供している株式会社Luaazの見解を用いて、解説していきます。

はじめに

動画の編集はシンプルです。まずは不要な部分をカットして、採用する箇所をつなぎ合わせます。次にそこにテロップを乗せます。最後にBGMや効果音をはじめ様々な演出をいれるという3工程で完成します。

さてYouTubeでは非常にテンポ感を重要視するメディアです。ながら見なども多く、スローテンポが許されるテレビとは大きく違うポイントです。基本的にYouTubeの場合はスマートフォンで見ることが多く、加えてスマートフォンで動画を閲覧する場合は全画面を専有されてることも多いです。だからこそテンポ良く動画をすすめる必要があります。

BGMや効果音を入れてよりよい動画に

YouTubeではテンポ感が重要であることは前述の通りですが、そのテンポ感を高める上で、BGMや効果音が重要になることは間違いありません。ポップなBGMを流していれば、映像はあるものの音声がない余白の時間を埋めてくれることもあります。

あるいは効果音一つで余計なセリフを省いて、状況のニュアンスを伝えることも可能になりますし、展開をより臨場感溢れる動画にすることも可能だと言えるでしょう。

効果音をダウンロードできる場所

1,効果音ラボ

https://soundeffect-lab.info/

和太鼓の音、ラッパ音など様々な演出音をダウンロードできるだけでなく、アニメ音声、大人数の完成や、足音などのちょっととした物音、クイズにありがちなテンプレ効果音など様々な効果音を無料でダウンロード可能なサイトになります。

2,効果音辞典

https://sounddictionary.info/

こちらも前述の「効果音ラボ」の関連サイトにはなりますが、「効果音ラボ」以上に多様な音声が収録されているので、より凝った効果音をつけたい場合はおすすめです。

ただしYoutubeには、聞き慣れた効果音やBGMを皆が真似し合う文化があるので、最初のほうはより王道の「効果音ラボ」でいいかもしれませんね。

3,「DOVA-SYNDROME」

https://dova-s.jp/

どちらかというとBGMのほうが有名なサイトにはなりますが、ファンファーレや、動画の雰囲気を伝えるような効果音まで様々な音声が収録されています。上記の2つのサイトで良い音声が見つからなかった場合は探してみてもいいかもしれませんね。

最後に

以上がYouTubeの動画編集の音声に関して気をつけるべきポイントでした。この記事を読んだ上で、まだなおYouTubeの編集や、あるいはその他の企画の面などでも悩んでいらっしゃる場合は、是非、弊社にご相談くださいませ。

luaaz_pr
LuaaZ広報部

LuaaZ広報部です。LuaaZに関する様々な情報や、YouTubeチャンネル成長に役立つ情報などをお届けいたします。

SHARE
  • X(旧Twitter)
  • Facebook
Pick up column
2021/10/14企画ノウハウ

YouTubeの企画一覧・YouTube作家が実際に考えた全200事例を一挙紹介

2022/07/11YouTube戦略

YouTubeのチャンネル登録者が増えないが原因・ネットで言われてる対策の大きな間違いとは

New column
2022/09/02マーケティング

BtoB企業でYouTubeを活用すべき理由・活用方法や事例について

2022/09/02マーケティング

【YouTube】企業アカウント運営に必要な予算は?制作会社の料金など

Contact/お問い合わせ

所属クリエイターへお仕事のご依頼や、ご質問など、お気軽にお問い合わせください。
採用に関するご質問もメールフォームよりお問い合わせください。